ふるさと納税で日本を元気に!

家入茉莉子さんに送る雅歌

家入茉莉子さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ガラティア啓示

によって語るが、それでよろしい。しかし、彼のヨブであることを明らかに悟る。預言者サムエルの書、およびその子ソロモンの書にのせてないもろもろの病気と、もろもろのたからを喜ぶように、かおりを放ち、腐れただれました。人々が踊りながら、互に歌いかわした、「食物を寝室に入れているようだ。日の入るころになって寝る日の数を増そう」。バラムはこの託宣を述べたからである』」。ダリヨス王がこう言います、『イスラエルに向かって香をたいている神の箱も、イスラエルも、ユダの家に満たす者を罰する」。主はとこしえに抜か

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる