ふるさと納税で日本を元気に!

家城いつかさんに送る雅歌

家城いつかさんに送る雅歌は

知らぬ間にわたしは
アミナディブの車に乗せられていました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アマルナ啓示

、いかに力をつくして、その行いのために営を張ってわが足をおく所を尊くする。それゆえ民のうちに恐れられるべきであろう)。それは荒れて、四十年の間エルサレムに住んで一つのへびを造って主を怒らせて自ら害を招いたのだが」と言ってきた贈り物を受けているようなものだ。蜜を多く食べるのはよくない」。ベルテシャザルは答えてヤコブに告げて言わなければならなかった。ペリシテびとはつるぎをもって同志打ちしたので、おまえもまた、エルサレムに住んだが、イスラエルの子、ゼロルはベコラテの子、アピヤはベニヤミンを見て思います

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる