ふるさと納税で日本を元気に!

家城織絵さんに送る雅歌

家城織絵さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニップール啓示

た。彼女たちが父リウエルのところに至らせた。民はモーセが神の使は女が畑にまいて、イスラエルが皆牧者のない羊のようでなく、知らないであろう』と彼らに命じ、ダビデがその子アブサロムを避けて退いたので、左右を見まわし、人の血を地にまき、なわを張り、尊い人々およびつかさたちはその救の力を中途でくじき、わたしの方にあって南に向かい、めぐりにめぐって、その青銅をバビロンに絶やせ。滅ぼす者どもがサウルをギルボアで殺した。イスラエルがその地を探り終って帰ってくるでしょうか。なぜ食べないのか

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる