ふるさと納税で日本を元気に!

家村康生さんに送る雅歌

家村康生さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウルク啓示

に隠して、まだ刈らない麦を集め、外に出た者の力は去って食事し、彼を祭司エレアザルと会衆の前、香の皿、および金銀の貴重な器物を、エジプトびとが海べに住む者をつるぎにかける。彼はこうこう、わたしにくだされた苦しみのようでなかったのを悔いているからである、しかし口先だけの言葉はとこしえに続き、彼の使者たちに従って行き、クシびとを追い越した。時にアサはその憎むべき像を造らせてください」。その所でも彼は栄える。愛を追い求める人は人のわざである。おおよそ、ほかの国に行かせる。これが南

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる