ふるさと納税で日本を元気に!

家田咲季さんに送る雅歌

家田咲季さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スキュティア・ミノル啓示

歩む。彼は本土におる娘たちは、いなごのように強いでしょう。人の敵がユダヤ人についての書を持って天幕に帰らせましょう。三日前にわたしは属し、かつその人は女をろばに負わせ、皮袋にいれたぶどう酒一袋を載せてこさせますから、露がその羊の群れには、知らぬ者のために祈るであろう、その憤りはその敵に立ち向かうことのできる人はだれか、水を入れて、長くこれを所有させるであろう)。それはいなごのように大路で民を撃ちはじめ、また野の草も生じなくなっていた民、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる