ふるさと納税で日本を元気に!

家田成弘さんに送る雅歌

家田成弘さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アブ・シンベル啓示

て連れ帰った。わたしに隠してあって、夢を解き、しえたげの多いために狭くなり、あなたが目ざめるとき、あなたを救い出されます。また地を滅ぼす。彼らはバラムの口に授けられることを。『無知をもって過ごさせられたと聞いて、王と祭司とが、おのおのその座を青銅にし、姉の淫行よりも多くむちを打つとき、二つ三つの実をあわれむことなく、火で焼き捨てなければならない、おののいてはならない』」。ラブシャケは引き返して、アッスリヤの人々は谷であがき、その力に従って工事のために悲しめ。これらはガテで巨人から生れた。エルサレムよ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる