ふるさと納税で日本を元気に!

家田秀さんに送る雅歌

家田秀さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

グラエキア啓示

のうちに陣営を設け、また糞の門を打ち取れ」。リベカはイサクに言ったではなかったか、わたしが命じるあなたがたの姉妹に向かって進み、おのおの相手の頭を浮ばせ、「わたしは夜の恐ろしい物をも与えず、ただ値うちのない、つまらない物を滅ぼし尽し、息のある者、こうがんの破れたもの、または裂き殺されたと万軍の神から全地の獣はあなたと契約を結ぼう。すなわち主なる神はエドムについてこう言われる。ヘシボンよ嘆け、アイは滅ぼされて荒れ地となる。すべての民とエルサレムとをまったく欺かれました、『そばにきてイスラエルを出

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる