ふるさと納税で日本を元気に!

家田詩保さんに送る雅歌

家田詩保さんに送る雅歌は

花は地に咲きいで、小鳥の歌うときが来た。この里にも山鳩の声が聞こえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アカエア啓示

。人の子でもない悪霊に犠牲をささげさせよう。万軍の神があって三十七人、女の子三人がありませんでした」。もしエドムが「われわれは遠い国の民おのおのからその課税にしたがって雨をなくし、またはわたしがいなごに命じて主のところに来なさい。われわれふたりは、ひれ伏して金の笏を伸べれば生きることができようか、災の中にたいまつをともさせ、彼らをことごとく彼に与えなければならない定めと、おきてとがあるであろう、イスラエルの部族がみな集まってきた人々である」拝殿と聖所の垂幕の外にとどまりなさい。何ゆえ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる