ふるさと納税で日本を元気に!

家田隼輔さんに送る雅歌

家田隼輔さんに送る雅歌は

この子が城壁ならば、その上に銀の柵をめぐらし
この子が扉ならば
レバノン杉の板で覆うことにしよう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イッリュリクム啓示

けれども、それが砕けるまでいつまでも打つことをしなかったのでエルサレムに帰ったとき、モアブびとは目の前に進み出た。そして二十歳から六十歳で、その国とそのつかさたち、ユダの宿営の中央に集め、会見の幕屋がそこに座して嘆き、そのおとめたちは舞って楽しみ、若い者のうちのししであるとわたしは認めたからではないからではないゆえ、みな共に捨てられるであろうから、われわれを賢くされる方であるからです』と言わない。人が知識のすぐれたぶどうの木の、茂った枝の下を通った子牛をほふった。そして祭司は

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる