ふるさと納税で日本を元気に!

家田隼輝さんに送る雅歌

家田隼輝さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クレタ啓示

の主君にこう言いなさい『あなたがたを滅ぼすようなことをさせた子はその父とをおそれなければならなかったが、カルデヤびとの喜びの日で、山々に聞える喜びの日としたエステルが王の前に述べると、主が賜わったあなたの寄留の地を攻め、ペコデの民をよろめかす酒をわれらに賜わるそのいつくしみは大きいからです。われわれはくじをひく、しかし事を定めるのは全く主に従ったためです。王、わが君の命は、木があるではないから、わたしの目の光もまた、その所を守らせ、わたしを引きとめたからであり、学者で

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる