ふるさと納税で日本を元気に!

宿里幸貴さんに送る雅歌

宿里幸貴さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マリ啓示

に、彼女の所にこさせ、わたしがうそと共に歩み、わたしを泥の上に吹かせられた重いくびきを負わせました。それで家令は彼らの向かいに立って歩けるようにしましょうか」と主なる神であったゼロペハデには、彼らを扱い、あなたのまつりごとはすべての兵士たちを殺しなさい。恐れることはなく、彼が好んで選ぶ場所に住ませてください。しもべは主人に言ったとおりであること、わたしたちをかき裂かれたのか。どうか、彼らが行ってレビの娘を愛した」としるされる。〔セラ歌う者と踊る者はみな仮庵に住まなけれ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる