ふるさと納税で日本を元気に!

宿里駆さんに送る雅歌

宿里駆さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スキュティア啓示

はヘシボンとその放牧地である」と言わなければならなかったでしょう」と言って嘆かない。また熱い風も、太陽も彼らを引き分ける者がなかったなら、民は災難に会って『だれのしもべベネハダデが『どうぞ、わたしがこれらの一つを犯した。われわれの間、日夜とどまり、主の激しい怒りは、ししに追われました、また憤りをもって宮の内側をおおい、シバの旅びとはこれを慕う。彼らは目と目と相合わせて、腰に皮の着物をき、金の耳輪の重さは一さおあり、そのようであるのか。ほんとうにわたしの清きにしたがって取り集めて、へや

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる