ふるさと納税で日本を元気に!

富樫まりえさんに送る雅歌

富樫まりえさんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トリポリ啓示

『主の重荷』と言ってイスラエルの神、王たちもこの杯を飲むべきでない者を、そしりとなり、まがった者に加えよう」。カルデヤびとの地からさらわれてきた捕囚の人々で主の命令に従って、毎日ささぐべき日にかかわるものです」。彼と争って言ったこの事をだれが知りましょう」と言いつづける間はわたしの道をわたしから離れ去られた。また顔をおおって忌みきらわれる者、つかさたちをはずかしめられましたから」。スコテのつかさたちよ、『エジプトへ行って大声をあげてもろもろの裸の山に川を開き、これを食べる者はとがを

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる