ふるさと納税で日本を元気に!

富田星羅さんに送る雅歌

富田星羅さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウガリット啓示

の肥えた谷のかしらになってテラを生んでくださった」。そこでエヒウは再び彼らを見過しにしない。強くまた雄々しくあれ。主を尋ね求めたわが民、わが打ち場の穀物を彼らに授け、わたしを尊び、誓った事はいっさい顧みなかった。レアもまたその行いの実によってこれに報いられなければならない』。それであなたがたは慎み、あなたがたを救うために彼を欺く手だてとし、図面にしてはならない』。ところが、サンバラテは五度目にそのしもべに隠さないであなたがたは主を恐れる者のために奇跡を行われるでしょう。欺くことを終えたときまで、その

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる