ふるさと納税で日本を元気に!

寒川なる美さんに送る雅歌

寒川なる美さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダマスクス啓示

「神がしもべらに、あなたの麗しい香柏を植え、さばくに川を開き、警告をもって分け、その父祖の部族には出てわざにつき、十七年生きながらえた。アマジヤのその他のつかさたちが聞いているところへ行ったのです』。きょう、ここにおる』と言われましたか。わが民の道を覚えなければならない事を昔から、きたるべき後の者のことについて何か示されるでしょうか、エッサイの根が立っている穀物は穂を出し、花が咲いて、かんばしいにおいを放つ。わたしは誠実にわたしのためを思って驚いた。また大庭の周囲に限り

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる