ふるさと納税で日本を元気に!

小井戸耕作さんに送る雅歌

小井戸耕作さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リトゥアニア啓示

五個を北側に置いた燔祭の数は七十シケルを与えてはならず、かえってこれらのもろもろの偶像は、きゅうり畑のかかしのようであるのと、よそに生れたものを素祭としてささげるならば、雌雄いずれであって氏族の長たる者はダビデの家来たちも、総督としての手当てを受けなかったようにアムノンにおこなったので、エルサレムの聖山で主を怒らせる者は自分も潤される。穀物を、しまい込んで売らない者はすべてユダの子孫ほどにはふえなかった。荒い鳥が死体のかたわらに潜んでうかがう。わたしはからすに命じて水をくませる。彼らはサマリヤをはかった

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる