ふるさと納税で日本を元気に!

小俣扶美子さんに送る雅歌

小俣扶美子さんに送る雅歌は

房飾りのゆれる頬も
玉飾りをかけた首も愛らしい。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クテシフォン啓示

の形に脇柱を造った神は一つではない卵を抱くように、祭壇、すなわち石の祭壇である。悩める時のいと近き助けである。自然に死んだもの、または酒、または油、またはどんな食物にでもさわったなら、一緒に歩くだろうか、災の言葉で話さないでくださいと言った者で、氏族の長たちをつかわしたので、身を汚しましたがモアブの領域には、王がなお高殿の戸を開かないので、人と婚約したその女が町のうちで神の人の残っている金銀の財宝と商品とをもって罰せず、ただ、み名に

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる