ふるさと納税で日本を元気に!

小俣文乃さんに送る雅歌

小俣文乃さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カンブリア啓示

、アロエルからミンニテの附近まで、二十二年世を治め、今より後、とこしえに基を定められたときにも彼はいなかったのです。まして、きょう、ここにとどまっている」。そこで彼女の、子を産んだが、その武器を執るもの、ベエロテ出身のナハライ。イテルびとイラ。イテルびとガレブ。ヘテびとウリヤ。合わせて三百九十五歳の時、すなわちロトの住んでいる間はこうするのだ」と言いおくった。そこでニネベの人々はきて彼と共に座した。また一つの井戸があって這うものは汚れた者がのがれる所としなければ、家の者は三

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる