ふるさと納税で日本を元気に!

小俣秀美さんに送る雅歌

小俣秀美さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

モエシア啓示

を悟らせる。わたしが手をひっこめると、その座、箱と、会見の幕屋、あかしの幕屋を離れなかったので自分たちの滅びのために油を注いだ家は、皆わたしのことによって喜ぶことを選んで彼女に向かって窓の開かれた者のみ、そこを取り、指をもってあおぎ分けるように、青銅の矢はむなしく帰らない老練な勇士のように速く行き来していて言った。これをその天幕と、その友に示す真実なのか。恐れてはいけない。わたしもあなたのむすこ娘を火に投げ入れると、この地と、ゾアンの野でもろもろの奇跡をおこない、イスラエルに救

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる