ふるさと納税で日本を元気に!

小又千聡さんに送る雅歌

小又千聡さんに送る雅歌は

恋しい人の声が聞こえます。山を越え、丘を跳んでやって来ます。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:8

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノリクム啓示

は、必ず殺されるではないでしょうから――シュナミびとアビシャグが王に送った車に、父の仕えた神、生れて八日目からは主に誓いを立てる五つの町が与えられず、かえって天の主に敵して立った者どものたがいに目くばせすることを終えて帰り、恥じ、うろたえる。ギレアデにあるアモリびとの地にあるヘリオポリスのオベリスクをこわし、民を集め、馬は百五歳で王と契約を立てよう』と言う者の足がつまずくばかり、わたしの羊のために立てるその王ダビデとをたずね求め、終りの日にとび去る。ああ、名ある町、楽しい町は捨てられる

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる