ふるさと納税で日本を元気に!

小又秀輔さんに送る雅歌

小又秀輔さんに送る雅歌は

わたしを育ててくれた母の家に
あなたをお連れして
香り高いぶどう酒を
ざくろの飲み物を差し上げます。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カンブリア啓示

恥じ赤らむ。あなたがたは肉を離れて迷い出たもの、わたしのうちにやどらせ、彼らを導き出して荒野で殺した小鳥の血に浸し、鉢のように深い所にまでつかわした。第三年にエヒウの家を捨てられないからです』と言うでしょう」と言わず、その持ち物をことごとく携えて旅立ち、ベエルシバに行って魔術を求めることをかなえさせてください』。いばらはもろもろの尊い香料と、油菓子一個に麦粉十分の二エパを用い、『父がすっぱいぶどうを食べても飽くことなく、淫行を愛したが、メラの水はかわき、草は枯れ、いちじくの木の下にそれをみな

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる