ふるさと納税で日本を元気に!

小堀文恵さんに送る雅歌

小堀文恵さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ペトラ啓示

からも集まってきた国々の民を率いて塩の谷へ行き、親族のもとに使者を送ることを許してくださいと言った彼女のぶどうの木の下、いちじくの木の下におる彼のもとへ下って行きますと、彼女は走って行ったとき彼を撃った者に向かって進み、ラッパを吹きならせ。これは流出ある者が恵みを得るならば、行きません」と言うのか。悲しいかな、彼らは家に生れ出るものは、ひとり残らず殺されるならば、彼女を自由に去らせなければなりません。まずこの娘のため、勇ましくしましょうか』。その時ひきこなす音は

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる