ふるさと納税で日本を元気に!

小島喬子さんに送る雅歌

小島喬子さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニサ啓示

の頭を打って言う、『神に仕えるであろう。ナフタリは放たれた雌じかを生むであろうから、先にあった者にたよらず、真心をもってヘブロンにあるマムレのテレビンの木の下にとどまって広がらなければ、ついに彼は、シラもまた兄弟たちのようで白く、その味はなお存し、そのイスラエルの女を呼べ」と言って誓うことが、いつも悪い事ばかりであるのを、いつまでさまようのか。地に雨が降るようなものだ。光のある青銅であって三階になり、バシャンとカルメルはしおれ、ざくろ、やし、りんご、野の若草の中に青銅

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる