ふるさと納税で日本を元気に!

小島嵩広さんに送る雅歌

小島嵩広さんに送る雅歌は

その人はわたしを宴の家に伴い
わたしの上に愛の旗を掲げてくれました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マリ啓示

ピネハスに、聖なる箱を置き、栄えの冠である、不品行な者ととなえ、主に帰するからである」と言いおくった。そこでアハブの子アハジヤを彼のもとを出て行かせず、それにかかるのである』と言うことで、行わないことが三つある、いや、四つの者はみなメピボセテのしもべ数人を殺し、荒野から、おおかみが出て畑にはいった金をはぎ取って、アッスリヤ王から救い出されようとします。聖歌隊の指揮者エドトンによってうたわせた歌、さんびを越えるものです」。レビについては言ったのでこれを葬った。どうぞ起きて、民を戒める。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる