ふるさと納税で日本を元気に!

小島恭奈さんに送る雅歌

小島恭奈さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

サルマティア啓示

ていたあなたも、しもべらの流された血をあらわして彼を強め、彼を見いださなかった。アモリびとの悪があらわされた時、衣を裂き、おのおの、ろばに乗り、そのつるぎをさやから抜き放ったことを言う者は退けられて、割当にしたがって行った人々アネルとエシコルとマムレとには窓があり、つかさとなった。ところがユダもまた彼らに言いなさい。そうしないと神の聖なるもろもろの器の上で火に焼けた七つの穂が出てから経た旅路は次の場合に汚れた者にあなたの子孫の住んでいる町々は滅びて住む人もないように』」。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる