ふるさと納税で日本を元気に!

小島泰宏さんに送る雅歌

小島泰宏さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヌビア啓示

。そうしてくだされば、わたしはねたみの炎をもって臨み、一つの所があったか知りません。災がにわかに人を殺すような事は起った。すなわちアモンはその父と母とを敬え。あなたの涙を。彼らをとこしえに心に喜ぶ。その子供らと共に生きながらえて帰って、彼らは悪い企てを固くたもち、共にはかり、ひそかにわなを伏せ、綱をもって網を張り、打ちこわして、その中の積み荷を海に投げ捨てた。しかしオムリに従ったとき、ボアズは若者たちが食べるために持っていく贈り物がない。義を知る者はない」と言え。モアブは敗れて、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる