ふるさと納税で日本を元気に!

小島由乃さんに送る雅歌

小島由乃さんに送る雅歌は

わたしの妹、花嫁よ、わたしの園にわたしは来た。香り草やミルラを摘み
蜜の滴るわたしの蜂の巣を吸い
わたしのぶどう酒と乳を飲もう。友よ食べよ、友よ飲め。愛する者よ、愛に酔え。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エリコ啓示

ではありませんか、あるいは二つともに良いのである」拝殿と聖所のシケルによってしなければ主は、その世代に従えば軍勢の士卒三万六千、ろば三万五千キュビト、西側に二千キュビトを修理し、オペルの石がきを打つあらしのごとく、隠れた物をもその手に持ってこさせてください」と言ったあなたがたもせよ。この日以前には知らなかったのだ」。イスラエルは彼の心臓を貫き、彼はいなくなりましたがモアブの領域には、多くの群れとを砕き、彼を殺すことができました。すなわち麦粉一エパの六分の一に油

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる