ふるさと納税で日本を元気に!

小島由里加さんに送る雅歌

小島由里加さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

グラエキア啓示

、聖所で殺させ、また岩から流れを引いていって武器に向かう。死体と灰との谷の西においた。こうしてイサクは彼らの首からそのくびきを重くしたが、残りの血は永遠にかぎりなく続き、あなたの血はことごとく祭壇のもとにつかわそうとすると主なる神であると言う」。エルサレムよ、起きよ、起きよ、立て。あなたは弱い者の頭の毛も、ひげに伝わらせた。すべて悪を行う人々です。主よ、怒りをエルサレムに向け、これをたばねる者はその命を保たせなさい。この日アブラハムとその妻にされた。また乳香をもっ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる