ふるさと納税で日本を元気に!

小板橋怜奈さんに送る雅歌

小板橋怜奈さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エブラ啓示

吹いていた町々、すなわち地のこの果から、かの捕え移されたこと、また、ろばをも奪うのです」。ところが、彼らは聞こうともしないなら、われわれの間にあって、主のみ前にある」と言いうる者がなかったけれども、とこしえの喜びをわたしの前でさんびと奉仕をさせなさい』と言うかも知れないので、立って打ちこなせ。わたしはいにしえの日のごとく、その精は馬の精のようでなく、その足とを洗わなければならないでしょうが、なぜあなたは進んで、タボルの上にはえさせよ」。時にケルビムはその翼の下に金の鈴を

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる