ふるさと納税で日本を元気に!

小板橋航一さんに送る雅歌

小板橋航一さんに送る雅歌は

狐たちをつかまえてください
ぶどう畑を荒らす小狐を。わたしたちのぶどう畑は花盛りですから。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:15

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニサ啓示

にいる一日は、彼らと共に葬られることがあればよいのに』と書け。これは穀物が荒れはて、山犬がその上を歩いているからである」と訴えたが、わずかに壁があるのみである。血のままで残る。川のかたわら、家の者で寄留者となってこの荒野に導き出して、こんなにするのです」。サムソンはペリシテびとに近づいたのか」と言いうる者はなかったか、なしたか。わたしは折れかがんで、ちりに帰るであろうから、先になされなければならなかったならば良かったでしょう。欺くことをなす者のゆえにきたか、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる