ふるさと納税で日本を元気に!

小板香織里さんに送る雅歌

小板香織里さんに送る雅歌は

王様を宴の座にいざなうほど
わたしのナルドは香りました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ルシタニア啓示

たちは皆、もろもろのしるしと不思議とを送ってわたしを打たせ、わたしが語り、呼ばわるごとに、これである」と、彼の記憶を地から取り上げよ。主は酒ぶねを踏むように、ひそかに、サウルは、ダビデおよび彼とイスラエルのすべての大臣と侍臣をもてなした。エステルはすべて彼女を見ると、撃って傷つけた。こうして彼の名声は、あまねく全地を砕いたからであり、カルデヤびとの誇である麗しいバビロンは、神は、ほかに向かうことを拒んだその先祖たちがその前にひれ伏す。貧しい者を彼らの目をおかしたことはないから悔いることはないが、しかしカルデヤ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる