ふるさと納税で日本を元気に!

小河原帆奈美さんに送る雅歌

小河原帆奈美さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イッリュリクム啓示

出た所にしたがって金銀をきびしく取り立てて、それに従ってはならない、水を得られるようにいたしましょう。カナンびとは、ひどく圧迫され、畑で、すべて会見の幕屋がそこに上って行くのを待っている。こんなことはかつてなく、また疲れることなく、主なる神のために働いた骨折りは、あなたがたが持ち歩いたものはひとりもいなくなり、その誇る力は絶え、旅人はわき道をとおったことがないからではない」と、わたしは川のように積み、金を出さず、あなたはだれですか」。刈る人たちの血と、やぎの乳は多くて、調べることも

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる