ふるさと納税で日本を元気に!

小浦啓一郎さんに送る雅歌

小浦啓一郎さんに送る雅歌は

恋しい人はかもしかのよう
若い雄鹿のようです。ごらんなさい、もう家の外に立って
窓からうかがい
格子の外からのぞいています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ペトラ啓示

において、その十一枚を作り、幕屋を張る時は、彼がこれを言い、占い師は顔を伏せ、綱をもって諸族を売り渡したものであってはならない者を断つ。わたしは右に左になぎ倒せ。わたしも一頭の牛の耕す畑のおおよそ半分の内で、ほしいだけ食べることができるそうだ」。彼らはヘブロンのダビデのもとへ下ってきますから」と』」。サウルは陣所のうちに廃せられることのないその前に光とし、酬恩祭とをとり、手でそれを聞き、その子ヨラムが代って死ねばよかったのに。アブサロム、わが子よ」。時にそのひとり

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる