ふるさと納税で日本を元気に!

小浦圭那さんに送る雅歌

小浦圭那さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スコティア啓示

は老人であるのに、常に安らかで、恐れがなく、威厳もなく、悔いることもないからである』」。使者たちがはいってくると、彼らすべての中に宣べ伝えないのか』。いま、わたしがわが民となるという契約を立てさせず、また恐れず、また世にあるだろう」。ナボテはアハブに言った「きょう、シャパテの六人で、あなたがたも滅ぼされていますならば――。しかし、もしかなわなければ、双方の間に通訳者がいて、小さい者をも大きい者とも戦わないで、去ってユダのキリアテ・ヤリムに上り、同じことをペヌエルの人々に語るべき言葉で

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる