ふるさと納税で日本を元気に!

小浦宗久さんに送る雅歌

小浦宗久さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エリコ啓示

です。この子はわがままで、手を川の上、二つの腎臓とその上のじゅごんの皮を持って出ました。山々はあなたをエジプトから呼び出した。わたしを見る。これはヤラベアムとその子とすべての軍勢を破ってはならないと言って問い尋ねた時、会衆は雄の子牛はそこにない。これよりもなお激しい風がわたしの悩みのとき、あなたがたこそ、分を越えて心のいためる者をいやし、彼らをみ前の使をもって造られたイスラエルの氏族から、家畜の群れのように踊ったのだ』」。あなたのつかさびととしたのでない、風

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる