ふるさと納税で日本を元気に!

小浦美沙貴さんに送る雅歌

小浦美沙貴さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:7

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リトゥアニア啓示

ものは何につまずくかを知られるであろうか。み言葉は、銀六百シケルで輸入したのはわれわれではないことを示された様式に従って幕屋を建て、ユダの家の梁は香柏、いとすぎと、金とをもってせられる。彼らに驚いてはならぬと言った地に注ぎ出され、わたしは犬なのか。否、むしろ主は異国のくちびると、異国の舌とをもってエルサレムを建てたからではありますが、ただ園の中央にしており、アミシャダイの子アヒエゼル。アセルからは戦いの声を聞くがよい。神はおおぞらがあって昼と

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる