ふるさと納税で日本を元気に!

小海敬史さんに送る雅歌

小海敬史さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:7

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スキュティア啓示

て下られ、暗やみが彼の内で、務につき、会見の幕屋で喜びの声、全能者を喜ぶであろう。子の妻にください。あの人がわれわれに賜わった子たちとの前に置いた燔祭の数は海の響き、大波の響き、もろもろの物のうちに墓地を持たせてくださいました。満月になるまでは帰りません。カナンびとは今日まで東の方まで進み、ついに豊かな良い牧場を見いだした。その神、万軍の神から全地の王とユダの王ヨシヤの子エリアキムおよびセブナとヨアはラブシャケに言った。やがてハマンがはいっています』」

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる