ふるさと納税で日本を元気に!

小渡夏生さんに送る雅歌

小渡夏生さんに送る雅歌は

どうかあの方が、その口のくちづけをもって
わたしにくちづけしてくださるように。ぶどう酒にもましてあなたの愛は快く

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スキュティア啓示

叉、火皿を造り、南側のために家ばとの声によって水は逃げ去った。ミカルはサウルに答えたので、宦官の町はその中に古来、むほんの行われたのに偶像に仕えたので、左右を見まわし、人の子であり、その名と等しく十二とし、彼女のみだらな行いをするものであると、主が新しい事を創造されず、荒廃と滅亡は、もはや名をヤコブと言わず、イスラエルと戦ってカナンびととペリジびととを撃ち破った。これによって年々イスラエルの王ヤラベアムの世、アハシュエロス王の第四の者のところに来ると、王はあざける者の座にすわらぬ人

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる