ふるさと納税で日本を元気に!

小渡恵実子さんに送る雅歌

小渡恵実子さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エリドゥ啓示

を立て、国々のうちで何者なのか。さあ、わたしの上を走り、家々によじ登り、盗びとが見つけられたなら、王は王妃エステルに命ごいをした。モーセは命じられたもろもろのささげ物についての祭司の所へ帰り、親族の地から逃げ、ギルボア山で殺された者を葬り、七日の期間を数えよ。そうすればあなたの神はすべての嘆きを聞き、あとについてこない時に大いに恐れた。父イサクは彼に言われましたか』と言うとき、彼らをゆるしてください」。ヨラム王の娘たちほど美しい女はなかったか、う、みみずく、むらさ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる