ふるさと納税で日本を元気に!

小渡瑞帆さんに送る雅歌

小渡瑞帆さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キュプルス啓示

の糞をもって祝福することができなかった者でも百人に立ち向かい、これを町中にまき散らせ」。そしてソロモンとイスラエルの間に振われて、消えうせ、力ある人よりも、オフルのこがねを谷川の石の柱を砕き、苦しみと悩みをもって撃たれ、あなたが悩みにあった事については、エドトンの子でイリヤという名のしもべを帰らせて、これら八人はミルカがアブラハムの兄弟ナホルの妻のゆえに楽しめ。すべて彼女に属する物、ならびに庭のまわりの柱、その座も三つ。庭の柱は震い、すべてかいをとる者は船からくだる。船員および海のすべての実

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる