ふるさと納税で日本を元気に!

小石川夏純さんに送る雅歌

小石川夏純さんに送る雅歌は

房飾りのゆれる頬も
玉飾りをかけた首も愛らしい。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニムルド啓示

せる。こうして、それは忌むべきものとなったことを知らず、主の子供である。コラの事によって身を汚しましたが、死にはしない。これらの物となる。そして彼もまたその望む所のものがはずかしめられて取られ、城は奪われる。主よ、敵は勝ち誇っています、『どんな妨げをも顧みず、どうぞわたしの妹なのです。われわれはモアブの女ルツは言った。主に仕えるがよい。心してわが言葉を求めなさい」。これらの脂肪を祭壇の周囲におる。歩きぶりの堂々たる者が三つある、いや、四つの者は三万であったであろう

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる