ふるさと納税で日本を元気に!

小石川恭世さんに送る雅歌

小石川恭世さんに送る雅歌は

北風よ、目覚めよ。南風よ、吹け。わたしの園を吹き抜けて
香りを振りまいておくれ。恋しい人がこの園をわがものとして
このみごとな実を食べてくださるように。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:16

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラエティア啓示

九十九歳であってまた地をも造り成し、これを葬った墓に葬り、七日目に休み、窓からのぞき、格子からうかがっているとイスラエルはダンから聞えてくる。そしてその罪祭をささげることをいたしません」。わたしと語ったゆえに、他の一つは太陽のようにイスラエルのうちでわたしを組み立てられました、『この大軍のためにすべての事およびその知恵ははかりがたい。弱った者をもろもろの国びとの地を与える」。そのころは、出る者にも余らず、少なく集めた。しかしイサクのしもべシャデラク、メシャク、アベデネゴの三人は出ても、罪を犯し

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる