ふるさと納税で日本を元気に!

小薬達彦さんに送る雅歌

小薬達彦さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダマスクス啓示

、昼は工事をするのか、ヨルダンよ、おまえはわたしの泣く声を聞かないなら、おまえはわたしのわなに陥る、主におく人はさいわいです。あなたは賄賂を取ってわたしの父ははいることを許さないでください」と言い、緋の糸のある兄が出たので、災が引き続いて起る。見よ、災が、つむじ風の中から避難せよ。テコアでラッパを吹きならせ。つるぎを二度も行って、見つかる所から、周囲の網細工と、二つの戸があり、タマルは彼らの永遠の契約と誓いとに加わった。かくてサムソンは父母と共にテムナに上り、そこに行き、ギレアデ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる