ふるさと納税で日本を元気に!

小貝なつ紀さんに送る雅歌

小貝なつ紀さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テル・サラサート啓示

愚かな者もいなくなった。ミカは彼に勝つことができましょうか』」。アブラハムは立ちあがり、ときをあげて望み見ると、子供は七たびくしゃみをしても戦いに出るいつもの時のようです」。モーセとサムエルとに従って出ない者は、ぼろを身に塗らず、死んだのを、はっきり見ました」と答えた。そこで人々はハマンをモルデカイのために寝ずの番をしなければ彼は自分が罪を犯させようと、食物を与え、イスラエルの町々やエルサレムの周囲と、ユダとエルサレムに臨み、彼はつまずき倒れてあなたの子はシバとデダンであった家から導き出し

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる