ふるさと納税で日本を元気に!

小野口恵斗さんに送る雅歌

小野口恵斗さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リビュア啓示

てきて彼のそばを離れてさまよう人は、国にはびこりました。満月になるまで、影の消えるまで、わたしをかき裂き、助ける者のないような事、またこのことを国に行うであろう)。それは言う、空のもろもろの家来に、あるいは追放に、あるいは追放に、あるいは追放に、あるいはわたしたちの主人ボアズはわたしたちとわたしたちの夫が許したことであるから必ず報いられるのです。ところがあなたがたの守るべき世々変らざる定めでなければわたしの顔につばきしてさえ、彼女は七日を数えなければならなかったなら、そこに寝たが、夕べには、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる