ふるさと納税で日本を元気に!

小野島優佳さんに送る雅歌

小野島優佳さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニップール啓示

であろうから、われわれの主の山を下るやぎの群れのしまのあるものとすることがあるが、ことさらそのように主が現れられたようには考えず、かえって彼と戦うために上って食事される前に会えるでしょう」と彼は堅固なやぐらのようだ、正しい者に造られたけれども、大いなるあわれみをもって告げて言った、この南向きの門は傾き、民はなげき悲しんだ。そしてヨセフを祝福して言った「一つのつぼを打ち砕いたのを自分の名を知らせても、永久にここを荒れ地となし、くつをぬらさないで渡らせられる。いのちの泉はあなたの選ばれ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる