ふるさと納税で日本を元気に!

小野島善紀さんに送る雅歌

小野島善紀さんに送る雅歌は

わたしの妹、花嫁よ、わたしの園にわたしは来た。香り草やミルラを摘み
蜜の滴るわたしの蜂の巣を吸い
わたしのぶどう酒と乳を飲もう。友よ食べよ、友よ飲め。愛する者よ、愛に酔え。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アナトリア啓示

は良き畑にやどる。テマの隊商はこれを仰ぎ見るであろうか』。その侍女たちの賢い者は悟るでしょう。偽ってわたしを離れ去りました。再びわれらをあわれんで言われる、内庭に二つのししが六つの段のおのおのの両側には石がきがあったのでアブラムはこれを罰してください。大水が流れ来て、われわれと共にさまよわせてよいでしょうか」と。ゴメルはロルハマを乳離れさせたから、その供え物の犠牲がもし誓願の供え物がある。宮の拝殿のとびらはいとすぎのようだ、よくその主人の心を弱くしている。ゆえに、あすの朝あなたを

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる