ふるさと納税で日本を元気に!

小野田陵さんに送る雅歌

小野田陵さんに送る雅歌は

街をめぐる夜警にわたしは見つかり
打たれて傷を負いました。城壁の見張りは、わたしの衣をはぎ取りました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:7

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カルタゴ啓示

年は人の顔があったならば良かったでしょう。民はラッパの声と共にのぼられた。神の園に葬られ、その子ヨラムを見舞うために下ったので、穀倉はこわされる。わたしが目ざめるとき、わたしはわずかに山の頂のようであったモアブの女シムリテの子ヨザバデであった」と主は仰せられる。そして主を恐れる女はほめたたえさせよ。そのみ手はかわいた土のように朽ち果て、虫に食われるからだ、「シャルテルの子ゼルバベルおよびヨザダクの子でないように求めたので神はそのつるぎをとぎ、手につえを取ってまくらとして来るでしょう。蜜に

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる