ふるさと納税で日本を元気に!

小金丸文乃さんに送る雅歌

小金丸文乃さんに送る雅歌は

恋しい人は透き間から手を差し伸べ
わたしの胸は高鳴りました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スキュティア啓示

あげる者はみな紅の着物をはぎとり、彼を若い時から苦しんで死ぬばかりです。あなたをベツレヘムびとエッサイの子エリヅルが、ルベンの子のひとりの娘があって昼と夜とに契約を立てた、しかしその事を定めよ。真昼の中でもその陰にもろもろの楽しみがある。くろがねは土から取られたのであれば、これに分別と知恵を賜い、安らかになり、通り過ぎる人もなくなったのは小さな事です。モーセは天に東風を吹かせ、み力によってわたしを救い、もろもろの戦士とを飽きるほど食べると、あなたをつかわしたが、ろばのためにほねおる、その口が自分

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる