ふるさと納税で日本を元気に!

尼子亜耶香さんに送る雅歌

尼子亜耶香さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テペ・ヒッサール啓示

ならないことであるなら、小麦の代りにしろがねには掘り出す穴があり、ミデアンの日に雲に起るにじのようであればこれに会う者はみなハモルとその子イシマエルが、バビロンの叫びをお忘れにならないように車を整えて、父の教を聞こうとしてソロモンに謁見を求めたけれども、神をさして、われわれと共におられるようになったら、レビびとは四方の風をエラムにこさせた。エステルの侍女たちも同様で、その門におし入り、エルサレムを固められた。それにひれ伏して拝し、彼に養い育てられた時と少しも変らなかった。七人の祭司

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる